日本政策金融公庫で融資を受ける方法

事業計画書作成のポイント

サイトマップ会社概要よくある質問プライバシーポリシー
融資についてお気軽にご相談ください!06-6204-1627


トップページ >> 事業計画書作成のポイント

 

日本政策金融公庫融資塾流 攻略テクニック

事業計画書作成のポイント

このホームページのいたるところに出てくる返済余力という言葉をまた使いますね。

日本政策金融公庫は、利息をつけて融資を行い、それをキチンと返してもらうことで事業を成しています。
ただ、政府機関ということで低金利などの優遇があるだけです。

つまり、返済してもらわないことには日本政策金融公庫も成り立たないことになります。 だから、日本政策金融公庫の担当者は、融資したお金をキチンと返せそうか=返済余力を見るのです。

どのビジネスにおいてもそうなのですが、提出書類などは相手を考えて作成しなければなりません。
融資においてもそうです。
担当者は、融資した相手が本当に返してくれるのかなぁと不安に思っています。
その担当者の気持ちを考えて、大丈夫だ!と思える資料を作成してあげましょう。

このような点を踏まえ事業計画書作成のポイントに入ります。
事業計画書は、

①数値計画
②文章


の大きく2つに分けられます。
どちらから作成して行けば良いのか悩むかもしれませんが、数値計画から着手して下さい。
なぜなら、文章は数値計画の補足説明を必要とされるからです。

STEP1 融資の申請金額を決める
必要額はもう決まっていますか?
決まっていればOKです。次のステップに進みましょう。
決まっていなければ、融資してもらいたい額をまずは「えいやー」で決めてしまって下さい。
次のステップ以降でその妥当性を検証します。

STEP2 融資額の妥当性の検証
創業期なら、自己資金額からある程度判断できます。創業後1年以上経っているならば、実際の事業結果から判断します。それに同じ業態の標準値などを加味して勘案します。

STEP3 売上と経費の見通し
月々どれくらいの売上があがるのか?経費はいくらかかるのか?を予測します。
これから事業を始めるというのであれば、あくまで予測です。
1年以上経過しているなら、決算を踏まえ予測します。
後は、その予測があまりにも無謀ではないかなどを検討します。

この予測どおりに行けそうかどうかが重要ポイントです。

この売上予測がこの通りいきそうだと担当者に判断してもらえるような材料根拠をあげられればOKです。
決して、頑張ります!だけでは担当者も判断できません。

STEP4 返済計画
要は、事業が予定通りもしくは、少しぐらい予測より悪くなったとしても返済していけるよ!という計画が必要となります。
ここでは、役員報酬の額や貯金の額、個人的なことも全部含めて

返済して行けるとどれだけ言えるか

がポイントになります。

ここで、数値計画が立てられたらなぜこの事業計画が成り立つかのストーリーをしっかりと考えます。
そして、そのストーリーが成り立つ説明や根拠を文章化していきます。
特に根拠となるものは、具体的に見せるものがあるならば、提出書類に入っていなくとも添付して提出してしまいます。

例えば、WEBを強化してこのような対策を取っているので新規の受注ができる!と言いたいのであれば、ホームページのトップページをプリントアウトして提出します。
こういう営業活動をするという計画ならば、営業先リストも添えて提出します。
販促ツールなども作成しているものがあれば合わせて提出します。

このように、数値計画がうまくいくことを文章で説明するとともに、具体的証拠物として見せることができれば、信頼性が大きく増します。

それだけではありません。

融資担当者もまた、上司に相談して融資額などが決定されます。ということは、融資担当者がしっかり上司に伝えることができなければどれだけその担当者にしっかりと説明ができたとしても意味がありません

融資担当者に優劣があるとは言いたくありませんが、全員が同じ能力と考える方が不自然だと思いませんか?
担当者に依存しなくても済むように、言いたいことやアピールしたいことは、書面に落としておいた方が確実なのです。

それでは、文章のポイントに入ります。

申請書類には、質問項目が5つあります。
そして、その記載例ものっていますが、記載例のように書いても絶対に不十分です。

①創業されるのは、どのような目的、動機からですか。
②過去にご自分で事業を経営していたことはありますか

③この事業の経験はありますか。
④お取扱いの商品・サービスを具体的にお書きください。
⑤セールスポイントは何ですか。


①②はどのような書き方をしてもさほど変えようがないかと思います。
重要なのは、③~⑤です。

③の経験に関して言うと、例えば、あなたが総務などの仕事を行っていてWEB製作の会社を立ち上げようと考えているとします。

このように仕事としての経験がなかったとしても「ありません!」と書いてしまったら、融資がとおりにくくなります。
この場合は、やはり仕事との関連付けを行い、「会社のホームページ管理をしていて、問い合わせ対応やブログなどの更新を行っていました。備品の仕入れなどもネットを介して行っていたのでWEBの知識には長けています。だから、製作一辺倒ではなく、それらの経験をトータルにアドバイスできるコンサルティング会社にします。」と答えることができれば、立派な経験者のように見えます。

ウソを書くのはダメですが、自分を良く見せることができるのも経営者の資質として大切なことです。
④や⑤に関しても、どれだけ他社より有利なのかを伝えられなければなりません。
ウリを伝えられる能力=経営者の資質 として判断されてしまうことを肝に銘じておいて下さい。

さあ、数値計画も文章も出来たところで最後の段階になります。

最後は、今まで作成してきたものを見直すための検証作業を行います。
特に気をつけていただきたいことは、

①数値に計算間違いがないかどうか
②数値計画と文章の整合性は大丈夫か
③誤字脱字がないかどうか

ビジネスにおいて数値を間違うことは致命的です。

融資に限らず、営業先などに資料を見せて数値が間違っていたら、すべての信用を一気に失ってしまいます。
さらに、言っていること(文章)と計画が異なっていたら目も当てられません。

前職からのつながりで口約束ではあるが、契約をしてもらっているなどとアピールしておきながら、売上がすぐに立っていないなど、ストーリーに一環性がないものも信用を失ってしまいます。

また、当たり前のことですが、誤字脱字などのミスが目につくと適当な人間というレッテルを貼られてしまいかねません。
チェック能力に欠けると思われても仕方がないでしょう! このようなことがないように①~③は再三に渡りミスがないか確認して下さい。

不安ならば、提出する前に第三者の視点で見てもらうことをお勧めします。

 

 

代表ブログ

支援サービス

攻略テクニック

日本政策金融公庫|私が徹底サポートします