日本政策金融公庫で融資を受ける方法

融資申請WEBパック

サイトマップ会社概要よくある質問プライバシーポリシー
融資についてお気軽にご相談ください!06-6204-1627


トップページ >> 融資申請WEBパック

日本政策金融公庫活用塾 申請支援サービス

融資申請WEB作成パック

基本的には自社ホームページをお持ちでない方が対象となります。
融資申請をする際自社のホームページを持っていることが有利に働きます。
融資申請WEBサポートパックは、申請をより有利にするためのサービスです。
申請がなぜ有利になるのかを含め、ホームページを作成する目的などを確認してもらえたらと思います。


 ホームページには2つの目的があります

①会社案内として見てもらう
取引をする際、名刺交換をした時に相手がどんな方だったかを知るために、相手先のホームページを確認します。
会社がいつ出来て、どこにあるのだろうか?
どのような商売を行っているのだろうか?
どんな工夫を行っているだろうか?
などなど様々なことをホームページで知ることができます。特に初めてお取引をする時は、非常に参考になります。

これは日本政策金融公庫の担当者も同じです。

面談をする際に、ホームページの有無を調べ、事業内容はどのようなことを行っているのか、 会社や事業の強みは何かなどを確認し、その本気度をチェックしています。
ホームページがしっかりと作成されているだけで、信頼度が大きく変わります。
逆に、何をしているのか分からない、書いている内容もつまらないものでは、信頼を落としてしまいます。
どのようなビジネスを行っていくにしても、必ず力を入れて作成しなければならないものとなります。


② 新規顧客獲得のため
①の場合は、あくまで一度お会いした方に見てもらうことになります。
しかしながら、本当の意味でのインターネットの世界とは、会ったことのない人や、 掛かる経費などを考慮すると直接訪問することのできない人たちがつながることにあります。
そのような方と知り合うためには、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで調べてもらい、 自社のホームページを見つけてもらう必要があります。
これがいわゆる検索エンジンのキーワード対策というものです。
しかしながら、ほとんどの会社は会社名でしか検索エンジンで見つけることができません。
ホームページから新規の見込み客を見つるためには、自社のサービスや商品などで検索エンジンの上位に表示される必要があります。
例えば、会計事務所でしたら『税理士』『会計事務所』『相続』などのキーワードで検索エンジンにヒットすると様々な 人にホームページを見てもらうことが可能となります。


日本政策金融公庫からの融資を目的とするのであれば、①をしっかりすればOKです。
融資まで時間のない方は、ホームページを作成しないとしてもホームページを 本気で作成する意志があること(=事業を本気でする意志があること) を示すことができれば、融資申請が有利になります。



料金の目安

融資申請WEBサポートパックでは、3つのサービスを実施しています。下記料金はあくまで目安となります。 詳しくは、一度お問い合わせ下さい。


 1.見積もりを取得し、日本政策金融公庫へアピールプラン

融資申請を急いでいて、ホームページを作成している時間はないという方が対象となります。
本気でホームページを作成するという意志を見せて申請を有利に働かせるためのプランです。
3つの資料を作成します。

ホームページ作成の見積書 ① ホームページ作成の見積書
サイトマップ ② サイトマップ
ホームページトップのラフイメージ ③ ホームページトップのラフイメージ

以下の3つの資料を提出書類に添えて融資申請を行います。

料金 5,250円

※2のサポートメニューを受けられた方は、1の料金分はお値引き致します。


 2.融資申請ホームページ作成パック

融資申請を受ける際にまとめた自社のサービス内容・強みなどをより具体的にし、実際にホームページを作成します。 会社案内としての機能を有するホームページ作成プランとなります。

料金  31,500円  ×  12回払い(着手月から1年間となります)
 

 3.新規顧客獲得ホームページ運営サポート

新規顧客を獲得するための集客をサポートするプランです。 事業内容やサービス内容によってすべきことが様々に異なります。 概要をお聞かせいただいてからお見積もりさせていただきます。

料金 応相談


ホームページを持つことの本来の意味

ホームページを持つということは、インターネット上に出店することになります。
しかしながら、出店してほったらかしにしているホームページが本当にたくさんあります。
出店してすべきことは、店がどんなお店か分かるように外観を整え、客動線などを考慮し、内装、陳列などを考えていきます。
そして、お店にたくさん来てもらえるようにチラシやDMなどの販促をおこなって集客策を練ります。
インターネットの世界でもまったく同じように考えることができます。
見てもらった人に第一印象でどんな商品やサービスを扱っている会社か分かってもらうこと(外観を整えること)、 そしてサービス内容や会社の強みなどが分かりやすく説明されていること(内装や陳列)が必要となります。 お店が整った上で、集客を図る必要があります。
その販促手法として、検索エンジンのキーワード対策などがあります。

つまり、
出店 = ホームページの作成
新規顧客獲得のための集客手法として、
チラシ・DMなど = 検索エンジンのキーワード対策・スポンサーサイトサイトの活用など
本気で新規顧客が獲得できるホームページにするために、集客もコツコツと行ってより良いホームページへと 時間を掛けながら作り上げていかなければなりません。
そのように投資する金額を作っていくためにも、融資をうまく受けられる会社になっていく必要がありますね。

代表ブログ

支援サービス

攻略テクニック

日本政策金融公庫|私が徹底サポートします